トレーニングと食事

引き締め、ダイエットなどボディメイク全般に言えることですが、『トレーニング』と『食事』がすべてです。

この二つが完璧なら理想のカラダを手に入れることができます。

どちらか一方が欠けたらなかなか理想には近づくことは出来ないでしょう。

あるお客様のことですが、トレーニングは一生懸命がんばってました。週に2回。

体重も3キロ減って、さあここから更に上を目指そうってところで停滞。
お腹まわりが一向に変わらない。

なんで減らないのか?と質問されましたが、原因と結果の法則というものがあります。
減らないのは何かしら原因があるわけです。

よくよく話を聞いてみると、接待で飲んだあとにラーメンを食べていると。

夜中にラーメンを食べることがどういうことになるかとか食事の大切さを説明するのですが、中々やめられない。

何回かそんなやり取りがあって、
『●●さんは食事のこと軽視してませんか?』と自分としてはやんわりと言ったつもりでしたが、ハッとされた顔をしてましたので多分グサッと心に届いたんだと思います。

後日、あれだけ止められなかった飲んだあとのラーメンを止めたという報告を受けました。

このお客様の意識が変わったんです。

今まで何度も説明した食事の大切さはうわべの知識としてしか届いてなかったので、ほんのちょっとの欲にあっさりと負けてました。

心から理解して行動が変わったんです。

もともとトレーニングは一生懸命がんばってましたから、食事が変わってみるみる変化してきてます。

こうなればちょっとの欲には負けない。
なぜなら結果が出始めているから。
ウエストが引き締まる方が、飲んだあとのラーメンなんかより遥かに楽しいですからね。

パワーの出ない原因は?

加圧トレーニング中にお客様から
『今日は重く感じるのですがなんでですか?』と質問され…

ベルトの圧も変えてないしウエイトも同じ重さ。

そうすると考えられることは睡眠不足かな?

しかし、
『いつも通り寝れた』とのこと。

となるとちゃんと食事を摂ったのかがあやしい。

聞いてみたところ、
『今日は食べてない』との返事。

それじゃあ重く感じるのも当然です。

トレーニング前は軽く炭水化物を摂ると良いです。

炭水化物は体を動かすエネルギー源ですから、1時間ぐらい前におにぎり1個とかバナナを摂っておくといいと思います。

お客様も頭では分かってたようですが、今日は摂り忘れてしまったようです。

まあこれでトレーニング前に何も食べないとどうなるのかは頭だけでなく体でも分かったと思います。

ついでにもうひとつ。
トレーニング前には軽くですからね『軽く!』

がっつり食べるのはNGですよ。

スポーツクラブのインストラクター時代によく見かけた悪い例があります。

夜の会員さんで多かったのですが、夕食を普通に食べてからトレーニングに来る人です。

食べた分を運動で消費しようという考えからそうしてるみたいでしたが、これはダメなやり方ですのでやらないように。

トレーニング前は軽めに炭水化物ですからね。

がっつり食べたいならトレーニング後に食べるのがベストです。