トレーニングとアルコール

アルコールを摂ることで起こる体の変化

アルコールを摂取すると筋肉が分解されると言われています。

アルコールを摂ったとき、身体の中でどのようなことが起こるのかというと。

アルコールを摂るとテストステロンというホルモンの分泌が減ります。
テストステロンは筋肉を成長させ大きくする作用があります。

あと、コルチゾールというホルモンの分泌が増加します。
コルチゾールは筋肉を分解させる作用があります。

筋肉の成長を阻害され、しかも分解されちゃうってことですね。

筋肉にとってアルコールはいいことなしですね。

アルコール依存症の人の体

アルコール依存性の人を見てもらえば分かると思いますが、筋肉ムキムキの人なんか居ません。
ほとんどの人がお腹は出ていて手足はガリガリに痩せ細っています。

これは極端な例ですが、アルコールの摂りすぎは要注意、ほとほどにっていうことです。

どうせトレーニングするなら少ない労力で最大限の効果を出したいですからね。

アクセルを踏みながらブレーキも踏んでませんか?

僕はトレーニングした日にはアルコールは一切摂りません。

トレーニング日に飲み会の予定が入っていたらどうするかって?
その時は、ソフトドリンクかノンアルコール飲料を摂ります。

ブレーキとアクセルを同時に踏むことほど無駄はありません。

あっ、アルコールをまったく摂るなっていう話ではないですよ。

摂るときは飲まれずほとほどで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です