あなたのその失敗の原因どこにあります?

人は誰しも間違いをおかす生物です。

ただ、間違いをおかしても素直に「自分が悪い」と自らの非を認めるのは難しいものです。

自己防衛というものが働いて今いる自分の地位だったり体面やプライドを保とうとします。

自分の非を認めないうちは現状に留まり続けます。

成長出来ませんので時とともに後退した人生を歩むことになります。

こんな事がありました。

かつて僕は大学受験に失敗しました。

受けた大学全て落ちました。

生まれて初めての挫折です。

挫折になれてないので対処の仕方が分からなかったんです。予備校に通うことになるのですが情緒が不安定な状態でした。

やる気のある時とまた失敗するんじゃないか?というのが交互にくるので勉強に集中できない状態だったんです。

救ってくれてのは一人の講師の言葉です。

「大学受験に失敗したのは誘惑に負けた自分の弱さが原因」

「ハッ!」としました。ハンマーで頭を殴られるぐらいの衝撃がありました。

僕は大学受験に失敗して挫折感を味わって情緒不安定になっていましたけど、失敗した原因をどこか自分以外の何かのせいにしていたんです。

具体的に何ってわけではなく、環境だったり勉強法だったり・・・。

思い返せば、もう時効ということで話しますが12月にイベントがあるからとパチンコ屋に行ってるぐらい勉強してなかったんです。

そんな受験生います?

そんな程度の勉強しかしてこなかったのに大学受験に失敗した原因を自分以外の何かのせいにしてたんです。

講師に言われた瞬間に見方が180度変わり

『受験に失敗したのは俺のせいだ』と認識できてから情緒不安定は消えました。

いつも後ろを振り返って立ち止まっていたのが、前を向いて進めるようになったんです。

これと同じことって普段の生活でもよくある事です。

僕はパーソナルトレーニングジムのトレーナーをしていますので身体のことでの相談を受けることが多々あります。

例えばダイエットに関してとか。

太ってしまった原因ってどこにあるか?

自問自答してみてください。

厳しい言い方になりますけど『太った原因は100%自分にあります。』

体重が増えたり減ったりするのは摂取カロリー消費カロリーバランスで決まります。

太っているってことは摂取カロリーが消費カロリーを上回っていたからです。

もう小学校1年で習う算数の足し算引き算の話です。

で、食べたのは誰ですか?

自分ですよね。

そこの原因がハッキリと分かっていれば、あとは正しいダイエット方法を続ければダイエットなんか必ず成功します。

Follow me!

広告