時間を奪う者たち

店舗を構えて運営をしている人なら誰にでも経験があることだと思いますが、売りこみの営業電話というやつに頭を悩まされた経験があるのではないですか。

当店は今月8周年を迎えました。

8年間もやっていると色々な売りこみに遭遇するものです。

しかも同じ業者から一度ならず二度三度と。

今回の記事は僕が経験した売りこみ電話を掲載してみます。

取材商法

店舗を構えてすぐにかかってきましたね。

『御社をぜひ取材させてください』って感じでかかってきます。

経営理念が素晴らしいとかなんとか褒めてきます。

で、芸能人の誰それがインタビュアーとしてお伺いしますという流れになり、最後に『取材費として5万円がかかります』となります。

掲載予定の雑誌は聞いたこともないような雑誌になります。

広告費として5万円かかります』ならまだ納得するかもしれませんが、取材を受ける側が取材費を払うことなど聞いたこともありません。

ネットで【取材商法】と検索すればごまんと出てきます。

福利厚生商法

去年(2019年)ごろからかかってくるようになりました。

新たな手口ですよ(笑)

8年もやっていると無駄な電話に時間を取られるのが勿体ないですから、電話を取ったら瞬時に必要か不必要かの選択をして不必要な電話は1秒でも早く丁重にお断りをします。これがお互いのためでもあります。

福利厚生商法の電話は最初にかかってきたときに15分も話し込んじゃいましたよ。

正直『やられた』と思いました。

手口はこういう感じです⇩

『最近、パーソナルジムって流行っていますよね』

『弊社の福利厚生として社員の2親等者まで福利厚生が受けられるようになったんです』

『主婦の方からマンツーマンで受けられるダイエットジムを探している声を多くいただくようになった』

『御社のジムを弊社の福利厚生のジムとして登録したい』

・・・で、

『月2万円の登録費(だったかな?)を2年間お支払いください』

という流れになり『うち(当店)がお金払うの?』と頭が???になり、なるほど『新たな手口で来たな!』と気付きました。

最後の月2万の支払いの話が出るまではすっかり騙されていましたよ(笑)

おかげで15分も話し込んじゃいました。

後日談としてはこの会社からは担当者が代わる代わるで2~3回かかってきました。

2回目以降は『またか』という感じですぐにお断りをしています。

ちなみに、この会社の担当者からは携帯電話で着信がありますのでひかり電話の迷惑電話ブロック機能を使っても新たな携帯番号だと電話を取らざるを得ないのが困りどころです。

光コラボ営業電話

8年間でこれが一番多い。

『コラボレーション光にすると毎月の支払いが○○円安くなります』ってことでかかってきます。

実際にコラボレーション光にすると毎月の支払額は多少安くなるんです。

ただ当店はコラボレーション光にしていません。

これには理由があるんですけどね。

いくつかありますが一番の理由は、ひかり電話の迷惑電話をブロックする機能が失われるからなんです。

この機能が付属しているコラボレーション光で今よりも安くなるなら変えてもいいかなと思っています。

ただし、営業電話経由では絶対に変えませんのでかけてこないでね(笑)

こういうものは自らハピタスなどのポイントサイト経由で申し込みをすれば数万円単位の特典が付くものなんです。

彼ら(営業電話)を経由して申し込みをしちゃうと彼らに数万円の特典が付くだけですからね。

非常に勿体ないことをすることになります。

SEO対策だけど電話で営業してきちゃうスタイル

もうこれはギャグか何かとしか思えない。

『SEO対策でグーグルの検索1ページ目に御社を載せる方法があるんです。』と電話でかかってきます。

SEO対策のプロならインターネットだけで自分らの集客をすればいいじゃんって話です。

なぜ、電話営業などしてくるのか?

訪問営業

8年間で4~5回だけありました。

電話もアポもなくいきなり訪問してくるタイプです。

まあ正直に言うとこの手の人たちが訪問されてもその商品やサービスを買おうなどとは決して思わないです。『早く帰れよ』としか思わない。

まとめ

営業電話で何か商品を購入したりサービスを買ったことは8年間で一回もないです。

8年間で一回もないってことは今後も買うことはないのとほぼ同じことです。

営業電話の類は基本的にはひかり電話の迷惑電話ブロック機能でブロックしています。

無駄な電話というものに時間を取られることになるのでブロック出来るものはブロックしちゃうのが一番効果があります。

電話営業をしてくる人たちはテレアポ業務を請け負っている人が大半なんだと思います。

そういう業務が仕事なのでその人たちに文句を言ってもなくならないのですが、電話をかけてくる人は他人の時間を奪っていることだと認識してもらえたらと思います。

その認識があるだけで相手に敬意が生まれます。

Follow me!

前の記事

サラリーマン失格